FC2ブログ

.␣

[Dot-Space]

アロマエステのお店に行ってきました~終わりの日~

以前記事に書いた、
お世話になっていたアロマエステのセラピストが、辞めてしまった。
これを機に、(こんな記事を書くのは終わりにして)
私も元の一般男児に戻ろうと考えたのだが、
その前に一つやっておきたい事があった。
「本物の技術を堪能する」事である。
自分との相性だけでは覆らないほどの、圧倒的なスキル。
後学のために、一度味わっておくべきである。
とある情報筋から話を聴いた私は、その店はもちろん、
地域でも一押しと言われるセラピストの施術を受ける事にした。
緊張しながらご対面すると、確かにオーラが違う。
それでいて近寄りがたさを感じさせない。
早速、シャワーの後にマッサージを始めてもらう。
非常に綺麗で上品でありながら話しやすく、トークは初対面でないかのようなスムーズさ。
お互いに、今までのアロマエステの話などもした。
マッサージは今まで体験したものと手際が圧倒的に違い、
みるみるうちに身体がほぐれていくのが分かる。
きわどい所もマッサージされるが、心地よさが上回っており、
あっという間に夢見心地になってしまった。
「さて…これで普通のマッサージは終わりなんだけど、この後どうする?」
そう、実は何をかくそう、今回はえっちなサービスありのお店なのだ。
なので私の好きな(?)紙パンツは履いていない。
私は全裸である事もすっかり忘れて、リラックスしきっていた。
正直なところ、迷っていた。
マッサージの満足度があまりに高く、このままもう少しマッサージを延長してもらうのもありだと考え始めた。
うーん、マッサージが良すぎてあんまりそういう気分じゃないかも…(笑)と告げると、
「んー?そういう気分じゃないのぉ?」
と言いながら不意に仰向けになっている私の側に横たわり、私の乳首を軽く撫でる。
それだけなのに、全身マゾ人間の私は「ひぁんっ」と声を漏らしてしまう。
私の運命は、決定付けられてしまった。
「えー、ちょっと敏感すぎでしょ(笑)」
「これじゃあ他の店の子も、喜んで触っちゃうはずだわ~」
「なぁに?今更恥ずかしいの~?」
乳首のみを刺激する優しい愛撫と、
まるで人が変わったかのように卑劣な言葉責めを交互に投げかけられ、
これだけで訳が分からなくなってしまう。
「うーん、もっと喘いでほしいなぁ…あ、そうだ」
「これ付けたら、もっと興奮するでしょ」
そう言いながら取り出したのは…アイマスク。あ、アイマスク??
そうだ、何も考えずにオプションで付けたんだった…
小生、人生初のブラインド責めである。
言われるがまま、全裸にアイマスクという何とも情けない姿となった。
前が見えない。当たり前である。しかし、それだけではない。
それは同時に、自分自身を観測できなくなった、という事に他ならない。
私は、シュレーディンガーのマゾになってしまった。
それからは、ただひたすらに性器を手で弄ばれ続けた。
いや、手なのかどうかが分からない。不意に『つぷっ』という挿入感を与えられた。
オナホールで犯されているのかもしれないし、それは触手のような何かなのかもしれない。
「これが気持ちいいんでしゅか~?よかったね~」
と言われても、ただの赤ちゃん責めなのか、
それとも自分が赤ちゃんにでも退行させられたのか、断じる事ができない。
自分を見ることができないが故に、あらゆる可能性を、ゼロだと言い切れないのだ。
この一時に限り、私は世界で最も可能性に溢れたマゾであっただろう。
「四つん這いもやっておきたいんでしょ、ほら、やりたくないの?ほら!」
自身の意思すら不確定になり、言われるがまま四つん這いになる。
尻穴に得体の知れない何かをドロドロ垂らされながら
ものすごい勢いで扱かれる。
めちゃくちゃに笑われながら、言葉で追い詰められ、高められていく。
人としての尊厳はないのか?
いや、そもそも私は犬なのではないか?それとも豚か?
ここまでどれくらいの時間が経ったのかも、もちろん分からない。
一瞬の出来事だったのかもしれないし、延々と続けられていたのかもしれない。
(余った時間から逆算するに、おそらくわずか5分程度なのだが…)
最終的に私は正気を失い、美しいセラピストと受けきれない程の快楽に全てを委ねた。
我慢などする必要がなくなった私は、
プリケツをぺちぺちと叩かれながらすぐに絶頂を迎える。
精をどくどくと漏らしている…はずなのだが、
性器を責める手の動きと、優しさに塗れた侮蔑の言葉は全く止まる気配がない。
それどころか、更にその勢いを増していく。悶える事しかできない。
自分がイったと思い込んでいるだけで、
本当はまだイっていないのではないか?
それともこれは射精ではない何かなのか?
自身の存在証明ができなくなった私は、そんな事もよく分からないまま、
女性に笑われながらアンアン喘ぐだけの何かへと成り果ててしまい…
アイマスクを外した後に残されていたのは、
尊厳も何もかもを破壊されて、
猫に弄ばれてボロボロにされた鼠のようになった、自身の身体と心であった…
YOU DIED
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

突然ですが、「マッサージ店」に行ってきました(2)

年始からトラブルに付きまとわれた私は、
何か気分転換になる事はないかと考えていた。
その時に、「あの時」の事を思い出してしまったのだ。
※前回の記事を参照

そしてさっそく(えっちではない)アロマエステを受けてきた、という所なので、
この記事をもってその記録とする。

今回も事前に予約し、準備万端である。
セラピストも迷わず、前回と同じ方を指名。
それほどまでに強烈な印象として残っていた。

セラピストの方も私の事は覚えていたようで、
ご対面の後、簡単な世間話をして準備へ。
勝手はある程度分かっているので、今回はあくまで
紳士的に楽しもう、という心算であった。
……のだが、シャワーを浴びに行く時、突然の

「乳首、綺麗なピンク色だね」

これに完全にペースでを乱され、
『ふ、ふぇ!?』みたいな声を漏らしてしまう。
まだ始まってないのにズルくない??えっ!?と、
思考が飛び飛びに駆け巡る。
もうこの時既に、私の顕在意識には
穴が開けられていたのかもしれない……

初めは他愛ない話をしながらの指圧マッサージ、
年齢の割に本格的にやってくれるので身体がよくほぐれていく。
次にベビーパウダーを使うかどうか聞かれたのだが、

「そういえば、ベビーパウダー……好きだったよね?」

前回の痴態を、完全に覚えられている……
そして今回も同様に、パウダーを身体にかけられただけで
その状況に、ゾクゾクっと軽く身悶えしてしまう。

「何だか、今から料理の下ごしらえするみたいだね……
ねぇ、私に料理されたい?」

こっちは台本書いてる時だってなかなか思い付かなくて苦労してるんだぞ
なんでそんな言葉がナチュラルに出てくるんだッッッッ

ひとしきり悶えた後はオイルマッサージに移ったのだが、
さっきまでのインパクトが強すぎて、期待が抑えられない……
ただのマッサージでさえも、上の空で鈍い快感を感じ続けるだけの
憐れなマゾの出来上がりである。
そしてその手がが乳首、鼠蹊部に至る頃には…語るにも恐ろしい。
鼠蹊部は前回より明らかに執拗に、ねちねちとマッサージされ
プライドごとぐにゃぐにゃにされていく。

「ココ、オイルじゃないモノでヌルヌルになってるよ?」

適当な事を言うな、この魔女めっ!!
と心の中で悪態をついたが、射精でもしたのかと思うくらいドロドロになっていた。
イかせてもらえないはずなのに、もう壊されているのだ。
そしておぞましい責めを繰り出しつつ、その口からは

「カワイイ坊や♪」
「赤ちゃんみたいに、ただただ感じていいよ?」
「今日、マーカスさんに会えてよかった♪」
「マーカスさん、だぁいすき♪」

違う、前回とは言葉責めの『質』が違うッ……!
洗脳攻撃を受けているッッッ……!!

しかし、気が付いたときにはもう手遅れだった。
ジェントルマゾである私は、赤ちゃんとも坊やとも言われればそうなってしまうし、
大好きだと言われると大好きになってしまうのだ。
身も心も、とっくに優しく支配されていた……。

最後に、その感情を刻み込むかのように、
頭のマッサージをされる。
私は、彼女に「依存」させられてしまったのだ。

ここでは男性は完全受身だし、普段自ら何か要望することもないのだが、
帰り際、ついにこちらからハグを求めてしまった……
それも優しく受け止められ、「今日は会えてよかったぁ……」と囁かれる。
帰り道、その快感が収まる事はなかった。

うぅ……また逢いに行きます……

突然ですが、「マッサージ店」に行ってきました

先日、再びアロマエステで施術を受けてきました。
前回とは別の場所ですが、今回も「性的なサービスはない」お店です。
予約はしましたが、かなり突発的でろくに下調べもしていないので
ちゃんと施術してくれる方かどうか、ドキドキでした。

◆ ◆ ◆

指定されたマンションの一室に着くと、
可愛らしい女性セラピストがお出迎え。
専門学校でマッサージを勉強中とのことで、かなり期待できる。
室内は綺麗で、優しい音楽が流れておりリラックスできる環境が整っていた。

まずはシャワーを浴び、お決まりの紙パンツ(Tバック)に着替えると、
簡単な指圧マッサージから開始。これがちょうど良い加減で、
これはしっかり身体をほぐして貰えると、期待が持てる。
次に『こんなものもあるんですが、どうですか?』
と持ち出してきたのが、ベビーパウダー。
恥ずかしながらベビーパウダー未経験だったので、付けてもらう。
始めはくすぐったかったのが、全身マゾ人間の私にとってはすぐに快感に。
まるで全身を敏感にされてしまう鱗粉だ…などと考えていると
少し声が漏れてしまう。すると、突然妖艶な声で

『なぁに?私に責められたいの?』

(え!?)

全く予想外の展開。予約する店を間違えたのか??

だが、何事も無かったかのようにベビーパウダーは終わり、
オイルマッサージへと移る。今回はローションではなく、本格的オイルのようだ。
うつ伏せから始まり、全身に塗り込んでいく。
会話も弾むし、整体並みのマッサージもしてくれる。そのスキルは申し分ない。
しかしリラックスして油断していると、突然お尻の周りや乳首を責められ、
この繰り返しで焦らされる。
声を漏らすたびに、『可愛い』『敏感なんだ』『(感度の)イイ身体してるね』と、
セラピストも吐息を交えながら責めたててくる。これM性感ですよね??

続いて仰向けにさせられ、頭もマッサージしてくれる。
指がいやらしく顔を撫でるのがたまらない。
オイルは脚、腕ときて鎖骨周りのついでに、乳首を撫でられる。声が漏れる。
身体はすっかり力が入らなくなっており、ろくな抵抗すらできなくなっていた。
『そういうサービスじゃないのに、なんで声出してるの?ねぇなんで?』
と低い声で怒られ、ごめんなさい、ごめんなさいと謝ると優しく笑われる。

不意に、オイルとは違う熱くてどろどろの液体を、大量に垂らされる。
いつの間にか温めておいたローションだ、それだけで声が出てしまう。
セラピストもスイッチが入ったかのように、言葉責めを織り交ぜながら
何度もローションを垂らし、鼠蹊部と乳首をぐちゃぐちゃに撫で回してくる。
もう、訳が分からない。
紙Tパンツなどとうにズレて陰部が丸出しになっているが、
おかまいなしに腕を回し、ドロドロの手で蕩かされる。
不意に目が合った時の妖艶な表情を見た瞬間に、私の心は奪われてしまった…

さらに突然「ねぇ、四つん這いになってみてよ」と言われ、
もはや逆らうこともできず身体が反応してしまう。お尻を突き出して「おねだり」してしまうのだ。
そのまま後ろから鼠蹊部もお尻も丹念にマッサージされる。
『ずっと感じてるの?悪い子はお仕置きしなきゃ…』と言われ、

お尻を叩かれた。2度も。
女の子にお尻を叩かれたのは生まれて初めてだ。
その上『ねぇ、今何されてるか鏡で見てごらん?』と言われ、
その恥ずかしい姿を笑われながらに悶え続けた。

最後は横向きにされ、背中側からまた鼠蹊部を激しく責められる。
というかもう、完全に触っている。
またずれてしまった紙パンツのゴムを引っ張られ、
その手を離した瞬間の「ぺちん」という音と衝撃。
あまりの快感に身体が跳ねて仰向けになりそうになると、
『ねぇ、ダメって言ってるでしょ?』と、ぐいっと元に戻され、
そのままねじ込むように股間へと腕を滑らせてくる。
まるで熱くてとろとろの体液を振りまきながら、
絡みついてくる触手に延々と犯されている心地だった…

だが、ここは健全なアロマエステ店である。
全身どろどろのぐちゃぐちゃに「マッサージ」されて
辱めを受け、きつく怒られ、優しく笑われる。
それ以上の事はないのだ。

地獄のような至福の時間が終わり、シャワータイムとなった。
しかし丁寧に塗り込まれたオイルが取れない、ヌルヌルが無くならない。
責められた事実が身体に刻み込まれたかのように、全然取れないのだ。
そのうちに言葉責めや、妖しく微笑まれながら責められた光景がフラッシュバック。
私はメスイキした。

まさかここまでの目に遭うとは全く思ってもいなかった。
いわゆる「健全なメンズエステ」の、真髄を味わった気分だ。
だが不満な点は何一つ無かった(?)ので、是非また疲れたときにでも伺いたい。
自身の尊厳を犠牲に、最高のハナキンを手に入れたと言えよう。

それにしても、帰った後も身体の火照りが収まらなかった。
これは全身しっかりほぐされて、血行が良くなったおかげである。
いやぁ、良かった。

制作中「***トランス」

現在、次の作品に取り掛かっているところです。
えっちもいいけど、催眠状態、トランスも気持ちいい作品を、と
心に留めつつ、今までスクリプトを書いてきた訳ですが
今回はとりわけ、その催眠そのものの気持ちよさに
重きを置いたものを考えています。
というか、すでに声とイラストのお願いを出しているので、
そのうち出します。

コミケ合わせにするかは微妙です。
この冬は、どうあっても現地には行けないので…

少し前に、一部の方に案内していた作品があるのですが
それについてはこの後に取り掛かることとなる予定です。

自身初の夏コミ合わせ作品?

いつもありがとうございます。MarKuSです。

今年は催眠音声の制作を頑張る年なので(勝手に決めた)、
ガリガリ次回作の準備を進めています。
もしかすると、自身初の夏コミ合わせ…ということになるかもしれません。
その場合は、いつもお世話になっているftnr×kuroko.ぷろじぇくと様に
委託する予定です。

そんな次回作のテーマ、というかタイトルは…

「宝石蜂の寄生生殖(仮)」です。

以前にぽろっとツイッターでつぶやいたネタのつもりだったのですが、
筆が乗ってしまい、一気に書き上げてしまいました。。
私の場合は通常書き始めから半年~1年以上かかるのですが、
それらと比べるとかなり短い、3ヶ月で書き上がっています。
(ちなみに最短は[Enquete]の約1ヶ月です)

内容は…
暗示の助けを借りて、「宝石蜂」の特殊な生殖方法を
体験する(させられる)、というもの。
なるべく事実に基づいた上で、
より官能的になるようアレンジを追加した結果、

・麻酔で動きを封じられる
・頭の中に毒を注射されて、精神を破壊される
・×××に卵を産み付けられ、「パパ」になる
・そのままちゅっちゅされて食べられる etc...

…という感じになりました。
勢いというのは恐ろしいものですね。

「こんなものを人様に依頼しなければならないのか」と
冷静になって葛藤したりもしましたが、
すでにCV・イラストも依頼しており、
今から完成が非常に楽しみです。
しばしお待ち下さいませ。


(それにしても、宝石蜂という別名があってよかったです。)
(名前は本当にネックでしたからね…。)