FC2ブログ

.␣

[Dot-Space]

「ムゲントランス」公開されました

「ムゲントランス」、公開されました!

ムゲントランスラフ
https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ239188.html

本作品は、ただひたすらに催眠誘導され、
ただひたすらに深い深いトランス状態に
浸ってもらうことを目的とした、催眠音声作品です。
幸せなひと時を、お楽しみ下さい。

∞ ∞ ∞

無事に全年齢対象で申請が通り、ほっとしています。
なので性的な描写はありません。当然です。
「リラックス」と「眠気への抵抗」の繰り返し、
ループ可能なトラック等も取り揃えておりますが
個人的には、睡魔ちゃん達に取り囲まれてのおやすみパートが一押しです。

えっちな作品じゃありませんから、
当然、ちゃんとぐっすり眠れますよね??
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

次回作の名称は「ムゲントランス」です

現在編集中の次回作ですが、
DLsiteにて予告登録しました。

http://www.dlsite.com/home/announce/=/product_id/RJ239188.html

今作は、ひたすらにトランス状態を深めてもらうのをテーマに
思い切ってえっちパートなしで、スクリプトを書きました。
全年齢でいけるといいなぁ……
1時間弱という時間を、ひたすら心地よい催眠状態に落とす為だけに使います。

CVは井上果林さま。yanhさんの作品でよく声をあてられていますね。
私は初めてお願いしたのですが、噂に違わず追い込みが凄い。
ガンガンに落としてくれることでしょう。

イラストは雨宮ミズキさま。
今回は優しいイメージでお願いし、ふわふわと浮遊感ある
綺麗なイラストに仕上げて頂きました。
しかし本編はこんなに優しくはない(?)ので、ご注意を。。

公開の時期ですが、年末年始にこちらの活動に
どれだけエネルギーを割けるかが不明瞭なので、
頑張れれば12月頭とかに公開したいです。
ダメだったら冬コミ委託とかになるかもしれません。

それでは、編集頑張ってまいります!

突然ですが、「マッサージ店」に行ってきました

先日、再びアロマエステで施術を受けてきました。
前回とは別の場所ですが、今回も「性的なサービスはない」お店です。
予約はしましたが、かなり突発的でろくに下調べもしていないので
ちゃんと施術してくれる方かどうか、ドキドキでした。

◆ ◆ ◆

指定されたマンションの一室に着くと、
可愛らしい女性セラピストがお出迎え。
専門学校でマッサージを勉強中とのことで、かなり期待できる。
室内は綺麗で、優しい音楽が流れておりリラックスできる環境が整っていた。

まずはシャワーを浴び、お決まりの紙パンツ(Tバック)に着替えると、
簡単な指圧マッサージから開始。これがちょうど良い加減で、
これはしっかり身体をほぐして貰えると、期待が持てる。
次に『こんなものもあるんですが、どうですか?』
と持ち出してきたのが、ベビーパウダー。
恥ずかしながらベビーパウダー未経験だったので、付けてもらう。
始めはくすぐったかったのが、全身マゾ人間の私にとってはすぐに快感に。
まるで全身を敏感にされてしまう鱗粉だ…などと考えていると
少し声が漏れてしまう。すると、突然妖艶な声で

『なぁに?私に責められたいの?』

(え!?)

全く予想外の展開。予約する店を間違えたのか??

だが、何事も無かったかのようにベビーパウダーは終わり、
オイルマッサージへと移る。今回はローションではなく、本格的オイルのようだ。
うつ伏せから始まり、全身に塗り込んでいく。
会話も弾むし、整体並みのマッサージもしてくれる。そのスキルは申し分ない。
しかしリラックスして油断していると、突然お尻の周りや乳首を責められ、
この繰り返しで焦らされる。
声を漏らすたびに、『可愛い』『敏感なんだ』『(感度の)イイ身体してるね』と、
セラピストも吐息を交えながら責めたててくる。これM性感ですよね??

続いて仰向けにさせられ、頭もマッサージしてくれる。
指がいやらしく顔を撫でるのがたまらない。
オイルは脚、腕ときて鎖骨周りのついでに、乳首を撫でられる。声が漏れる。
身体はすっかり力が入らなくなっており、ろくな抵抗すらできなくなっていた。
『そういうサービスじゃないのに、なんで声出してるの?ねぇなんで?』
と低い声で怒られ、ごめんなさい、ごめんなさいと謝ると優しく笑われる。

不意に、オイルとは違う熱くてどろどろの液体を、大量に垂らされる。
いつの間にか温めておいたローションだ、それだけで声が出てしまう。
セラピストもスイッチが入ったかのように、言葉責めを織り交ぜながら
何度もローションを垂らし、鼠蹊部と乳首をぐちゃぐちゃに撫で回してくる。
もう、訳が分からない。
紙Tパンツなどとうにズレて陰部が丸出しになっているが、
おかまいなしに腕を回し、ドロドロの手で蕩かされる。
不意に目が合った時の妖艶な表情を見た瞬間に、私の心は奪われてしまった…

さらに突然「ねぇ、四つん這いになってみてよ」と言われ、
もはや逆らうこともできず身体が反応してしまう。お尻を突き出して「おねだり」してしまうのだ。
そのまま後ろから鼠蹊部もお尻も丹念にマッサージされる。
『ずっと感じてるの?悪い子はお仕置きしなきゃ…』と言われ、

お尻を叩かれた。2度も。
女の子にお尻を叩かれたのは生まれて初めてだ。
その上『ねぇ、今何されてるか鏡で見てごらん?』と言われ、
その恥ずかしい姿を笑われながらに悶え続けた。

最後は横向きにされ、背中側からまた鼠蹊部を激しく責められる。
というかもう、完全に触っている。
またずれてしまった紙パンツのゴムを引っ張られ、
その手を離した瞬間の「ぺちん」という音と衝撃。
あまりの快感に身体が跳ねて仰向けになりそうになると、
『ねぇ、ダメって言ってるでしょ?』と、ぐいっと元に戻され、
そのままねじ込むように股間へと腕を滑らせてくる。
まるで熱くてとろとろの体液を振りまきながら、
絡みついてくる触手に延々と犯されている心地だった…

だが、ここは健全なアロマエステ店である。
全身どろどろのぐちゃぐちゃに「マッサージ」されて
辱めを受け、きつく怒られ、優しく笑われる。
それ以上の事はないのだ。

地獄のような至福の時間が終わり、シャワータイムとなった。
しかし丁寧に塗り込まれたオイルが取れない、ヌルヌルが無くならない。
責められた事実が身体に刻み込まれたかのように、全然取れないのだ。
そのうちに言葉責めや、妖しく微笑まれながら責められた光景がフラッシュバック。
私はメスイキした。

まさかここまでの目に遭うとは全く思ってもいなかった。
いわゆる「健全なメンズエステ」の、真髄を味わった気分だ。
だが不満な点は何一つ無かった(?)ので、是非また疲れたときにでも伺いたい。
自身の尊厳を犠牲に、最高のハナキンを手に入れたと言えよう。

それにしても、帰った後も身体の火照りが収まらなかった。
これは全身しっかりほぐされて、血行が良くなったおかげである。
いやぁ、良かった。

制作中「***トランス」

現在、次の作品に取り掛かっているところです。
えっちもいいけど、催眠状態、トランスも気持ちいい作品を、と
心に留めつつ、今までスクリプトを書いてきた訳ですが
今回はとりわけ、その催眠そのものの気持ちよさに
重きを置いたものを考えています。
というか、すでに声とイラストのお願いを出しているので、
そのうち出します。

コミケ合わせにするかは微妙です。
この冬は、どうあっても現地には行けないので…

少し前に、一部の方に案内していた作品があるのですが
それについてはこの後に取り掛かることとなる予定です。

【催眠音声】宝石蜂の寄生生殖

「宝石蜂の寄生生殖」、DL開始しました!

パッケージ_ロゴ有


DLsite→http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ230080.html
FANZA→https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_135930/

実在する「宝石蜂」の生態を、催眠の助けを借りて
リアルに、気持ちよくお勉強できる音声作品です。
こんな事で快感を感じてしまうなんて…!という、
倒錯感をお楽しみ下さいませ。

また、こちらで限定ボイスを配信中です。
一瞬で精を搾り取る宝石蜂の交尾が
味わえるかもしれません…
https://ci-en.jp/creator/1316/article/13028


【コミックマーケットC94にてディスク版をお買い求め頂いた方へ】
一部内容を調整しましたので、
以下のURLにてDL頂けます。
期限が決まっておりますのでご注意下さい。
https://www.axfc.net/u/3934032